【NLPを徹底活用して目標を達成する】

NLPを使って目標達成する秘訣

 NLPを使うと目標達成はすごく楽になる
   →技術(スキル)なのでマスターできる

 成功者は良い教育を受けている(先天的資質、幼児教育、成功体験、等)
 目標を達成することが当たり前になっている
   →技術(スキル)なのでマスターできる

 NLPを学んでも「知る」で終わっていれば成功できない
 「知る」から「分かる」「出来る」「習慣になる」まで出来ている人は
 圧倒的にさっさと結果が出る

本セミナーの目的

 NLPを使って目標達成をする秘訣を伝える

 目標達成に必要なNLPの原則を解説する

嫌なことを書き出す

 ・まず嫌なことを認識して、考えないで済むようにする
   →“心の中の棘”が目標達成の障害になる
   →“棘”があるうちはダメ(やる気が起きない)
    “棘”がある間は、そればかりが気になって集中どころではない
   →目標を達成できない

 ・潜在意識の視点からみると
   →嫌なことがある
   →嫌なこと=自分の強い関心と感情があること、に意識が集中する
   →潜在意識は嫌なことを現実化する(実現化させる)よう動いてしまう

 ・嫌なことを全て書き出すと
    「何が嫌か」
    「何が気になっているか」
    「作業が進まない原因」
  がハッキリする

 ・ハッキリすれば消すことが出来る
   →嫌なことを考えずに済むようになる

☆今回のワーク☆
 今の嫌なことを全部書き出す →講座3回目で消す