【アンカー 価値観】

アンカー

 ○条件反射のようなもの、特定の感情にリンクされたもの
    (例)パブロフの犬、君が代を聞くと気持ちが引き締まる
      ブランドとそのイメージ

 ○特定のしぐさ(=アンカー)を意図的に使おうとするNLPのテクニック
    →最高に感情が盛り上がっている直前に、決めたしぐさをする
    →しぐさにその時の感情を意図的に覚え込ませる
    →何度も繰り返す
    →しぐさをするだけで感情が思い出されるようになる
    →しぐさによって感情のコントロールが出来る
    ※アンカーは写真や音楽等でもよい

 ○潜在意識を“その気”にさせるためのテクニック
    過去の成功体験を思い起こさせる
    特定の感情を盛り上げる

6つの価値観

 ○生存、安定、自己重要感、変化、成長、愛と貢献、の6つ

 ○目標を設定した時に、自分の価値観がどこにあるのか
  (どれを満足させるのか、どのレベルにいるのか)が
  達成には重要になってくる

 ○生存…生きていくための欲求

 ○安定…安定した生活や地位等への欲求

 ○自己重要感…自分は凄い、重要だという気持ちを満たすための欲求
 ※自己重要感はコミュニケーションにおいても重要

 ○変化…安定した生活等の変化を望む欲求

 ○成長…成長したい、もっと向上したいという欲求

 ○愛と貢献…ボランティアや社会貢献等
         収益がなくても良いことをしている充実感を得られる
         価値観がここにあると目標達成率が高い
         周囲の支持を集めやすい(受けやすい)

 ○変化、成長、愛と貢献のレベルだと目標達成率が高い
    →集中力が出る
    →周りの応援を得やすい
    →実現しやすい

 ○自分の目標がどのレベルにあるか、常時チェックするようにする