【パターン認識 お祝いとご褒美】

パターン認識

 ○4つのパターンを上手く組み合わせればほとんど上手くいく
     パターン認識 → パターン破壊
        ↑        ↓
     パターン補強 ← パターン創造

 ○パターン認識しないと始まらない
  (例)稼ごうと思っているが稼げていない人
     →稼げないという事実が嫌だと認識(パターン認識)
      ※紙に書き出してハッキリさせることが大事
     →どの部分が上手くいっていないから稼げないのか
      原因を洗い出す
     →対策を立てて今までのやり方を壊す(パターン破壊)
     →新しいやり方を創造する(パターン創造)
     →繰り返してパターンを補強する(パターン補強)

 ○アウトプットをすると
    →「知る」から「分かる」になる
    →パターンが認識できる

 ○上手くいかない時は上手くいかないパターンを持っている
  アウトプット、人からのアドバイス、自分への質問などを駆使して
  自分のパターンを認識することが大事

 ○上手くいっている人はパターン認識の癖がついている
    →認識したらそのパターンを破壊をする
    →新しい方法を創造する
    →パターンを補強する
    →4つのパターンを繰り返すうちに上手くいく
    →自信に繋がる
    →成功が続くようになる
    →「やれば出来る」と強く思い、躊躇無く繰り返すようになる

 ○結果が出るまでひとつの事をやり遂げることが大切
  失敗しても諦めずに4つのパターンを繰り返す
    →「不屈の闘志」「折れない心」(byナポレオン・ヒル)
  繰り返すうちに成功する

お祝いとご褒美

 ○お祝いやご褒美はやる気の出る秘訣

 ○人間はシンプル、「お祝い」すると嬉しい
   (例)最高に感情が盛り上がっている時や実際に成功した時に
     拍手をしたり飛び上がって喜んだりする(自分にとって
     気持ちの良いことをする)
       →嬉しい気持ちが盛り上がる
       →プラスのアンカーとして入る

 ○なにかやり遂げた時や成功した時に「ご褒美」を用意する
   (例)美味しいものを食べる、欲しい物を買う、高級ホテルに一泊、等
       →嬉しい気持ちが盛り上がる
       →プラスのアンカーとして入る

 ○プラスのアンカーが入ると、自信として積み上がっていく

 ○ご褒美を周りにちりばめておくと良い
    →やる気が出る、嬉しい気持ちが盛り上がる

☆今回のワーク☆
 自分のお祝いとご褒美は何か考える