【行動を続ける秘訣】

 ○行動していないから結果が出ない
  悩んでいるだけの人が多い

 ○行動さえすれば何らかの結果が出る
  結果が出るから続けられる
  やる気はアンカリングで自然と出るようになる

 ○行動を続ける秘訣
    「ビジョンを決める」
    「モデリングの対象を決める」
    「イメージングする」
    「行動を細分化する」
    「行動の癖をつける」
    「証拠を積み上げる」
    「行動を続ける」

 ○ビジョンを決める
    目標地点、どういう状態になっていたいのか、を決める

 ○モデリングの対象を決める
    どういう人を対象にするのか、どういう状態の人になりたいのか
    ビジョンを実現している人を決める
    その人と自分の差を考えて見つけて差を埋めていく
    差が埋まったことを「知る」「分かる」「出来る」「習慣になる」

 ○イメージングする
    上手くいった状態のことをイメージングする
    潜在意識に入れる
      ※サクセスイメージトレーニングを読みながら
      ※目標設定DVDを参考に

 ○行動を細分化する
    (例)60階建てのビルを上る時、「1階ずつ上る」の60回繰り返しに
      細分化する
    (例)講座を作成する時、「流れを作る」「レジュメを作る」
     「新しいソフトの作り方を覚える」……と細分化していく
    →一つの行動あたりの作業が短時間になり、集中力が持つ

 ○行動の癖をつける
    一つ行動をするたびに「お祝い」と「ご褒美」をしっかりやる
    行動が細分化されているとたくさんもらえる
      →モチベーションが維持しやすい
      →もらえると嬉しい、行動が楽しくなってくる

 ○証拠を積み上げる
    上手くいかない証拠を集める
      →上手くいかないパターンを認識(パターン認識)
    リフレーミングやイメージングを上手く使う
      →改善できる(パターン破壊→パターン創造→パターン補強)
      →繰り返して証拠を積み上げていくうちに上手くいく
      →モチベーションが下がらない

 ○行動を続ける
    上手くいかなくても行動を続ける
      →行動を続けていると進化や成長をしている
      →何かしら結果が出る
      →実力がついてくる
      →上手くいくようになる