【モデリングの対象を決める】

モデリングの対象を決めてモデリングする

 ○成功イメージ
  その人のどんな状況に自分もなりたいか
    →自分のパターン認識をしっかりしてからモデリングすると効果的
    →部分を対象にすると、この部分はあの人、この部分はこの人、と
     いうように多くの人をモデリングできる

 ○ノウハウ
  違いをもたらす違いは何か
  具体的な近道は何か
    →自分のパターン認識をし、自分に必要な部分を明確化する
    →パターン認識が出来ていないとノウハウだけあっても上手く
     いかない
    →パターン認識は、成功イメージにも、モデリング対象を探すにも、
     ノウハウを受け入れやすい形で持ってくるためにも大事

 ○セルフイメージを変える
  自分がその人になった状態を演じる
    →潜在意識には主語がないので、モデリング対象と自分の顔を
     すげ替えるだけでもセルフイメージが変わる
    →実際にもイメージの中でもその人になった状態を演じることが
     大切

成功イメージ

 ○具体的にその人のどんな状況に自分もなりたいか
    →憧れる状況
    →ご褒美になっていく
     (例)ポルシェに乗る、VIP対応になる、働くのは週3日、等

  ・どんな性格になりたいか
  ・どれくらいの収入が欲しいか
  ・どんな友達が欲しいか
  ・どんな伴侶や恋人が欲しいか
  ・どんな服が着たいか
  ・どんな車や家が欲しいか
  ・どんな地位や肩書きが欲しいか
  ・どんな風に人から呼ばれたいか
                      etc.……

 ○自分のパターンとして足りない部分を相手からもらってくるので、
  細かく見ていく事が大切

 ○モデリングする人には、こちらが勝手に対象にさせてもらうので、
  こちらからも何かを与えることを考える
  そうすればコンタクトが取れた時に良い関係を作れる

☆今回のワーク☆
 3つの目標に対して、モデリングする人を決める